FC2ブログ

Entries

16.2.3 岩屋寺の蕎麦体験

昨年8月30日に蕎麦体験をして「岩屋蕎麦」の美味しいこと。次回ある時に、また
参加したいと1月の31日に2回目が有り参加しました。孫は新潟にスキーに出かけて
いたので、パパが参加しました。主人は体調が今一なので見る方にいただく方に回り
パパが捏ねて茹で上げるまで一人でやり、食べさせてくれました。ますます美味しい
「岩屋蕎麦」でした。
蕎麦ー1
昔は岩屋寺の地域は岩屋寺村を言っていたそうです。その地域で作ったそば粉を
使って蕎麦打ち体験です。今回は小さなお子から70代の人まで、幅が広く、会の方
が丁寧な指導で美味しいお蕎麦を二通り(暖かな汁・冷たいもの)いただきました。
蕎麦ー2
まず水分を丁寧に量り、水を粉の周りに、回しながら入れて何本かの指で粉をパラ
パラして少しずつまとめて手早く丸くします。
蕎麦ー3
全ての作業を手早くすることと水分量が大切なポイントのようです。先回は皆で色々
作業をしたので生地が割れたり、硬く成りました。であるので今回は手を出さないで
見る方に回りました。写真も良く撮れましたね。
蕎麦ー4
丸い生地を手の平で押えて丸く形は残して、生地を回しながら丸く、丸く30cm位まで
伸して行きます。伸す前に板のたっぷりの打ち粉(そば粉)を万遍なく広げて作業を。
凝り性のパパは綺麗な形のまま伸して行きます。伸した生地の上にもたっぷりの打ち
粉をしてのし台いっぱいに麺棒で生地を伸して行きます。
蕎麦ー5
生地の厚みを平均的に伸すのはかなりの回数経験をつむ必要があるようですね。
やみ付きに成りそうと楽しそうにパパは手早く伸していますね。
蕎麦ー6
再度しっかりと打ち粉をして生地を三枚に重ねて切りに入ります。意外と三枚に
重ねることが難しいようですよ。
蕎麦ー7
こんなに広いのし板が要るのかと思う程広いですが、周りを作業していると
汚しますね。
蕎麦ー8
三枚に折り、またそれを半分に折り、いよいよそば切りに入ります。本当にパパさん
お見事です。
蕎麦ー9
まな板の上に蕎麦生地を載せて大きな包丁を少し傾けて切ります。切っては少し押え
板をいざらせて、細く切ってゆきます。湯がくと少し太く成ると聞きました。
十数年前につくばで暮らしていた頃「ゆかりの森」で日曜日にそばを打って下さって
いただく時間が有りました。少し蕎麦を茹でていると切れて短くなりますが楽しみに
多くの人が食べて来ていました。其れ位打ち立てての蕎麦は風味も良く美味しいもの。
蕎麦ー10
切ったそばを移すに包丁は向こうに向けて使いますと聞かされて本当に丁寧の指導
していただき何回も有る度に参加すれば少しは上手くなるのではないでしょうか。
主人は何時か生徒さん、倶楽部で蕎麦を打って食べさせたいと思っています。
蕎麦ー11
ほ~ら綺麗でしょう。上手い!!!ここでしっかりと打ち粉をはらいます。パパは
初めて体験をしました。本当にやみ付きに成るなぁ~
蕎麦ー12
キッチンでは、蕎麦の湯がきまでさせてくださいました。茹で時間は、少し食べて
これ位かな。各テーブルに持ち帰り、おっ様のいただく作法を共に唱えていよいよ
いただきます。
蕎麦ー13
般若心経を一巻あげて「いただきます」帰りにそば粉をいただくことが出来たので
シホンケーキにそば粉を入れて作りたいと楽しみです。
蕎麦ー14
パパ美味しいです。蕎麦談義をしながらいただく時間を感謝して。ごちそうさまでした。
次回は4月の29日かな。単身赴任のパパにメールすれば時間も宜しくとのこと。
家族共通の趣味が出来て好かったですね。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。