FC2ブログ

Entries

15.6.25 梅雨の合間の紫根染

今月も元気な顔を見ました。親子でお友達も、参加で最近は3人を指導します。
金沢からはバスの乗り継ぎで7時間山荘までかかるそうです。毎回一泊二日の
指導をします。彼が若いので色々考えますが中々料理の引き出しが少なく
困っています。
夕食 (1)-1
何でも美味しいと言って喜んで食べてくれるので有難いです。指導しつつなので
手の込んだものは出来ません。今回は紫根染を此処に載せてしまったです。
工房の窓でないことを朝に成って気が付きました。お許しを!!!
ランチ (1)-2
梅雨の真っ盛り。いろんな吊り鉢の花が枯れる。蒸れですね。残念ですが。
金沢から来る生徒さん希望の「紫根染」をしました。今日は晴天とは参りませ
んが、山の中なので何時雨に成るか分かりません。先媒染を90°まで上げて
30分放置しておきます。
紫根ー1
脱水をして染めに入ります。作った液を等分に分けて2回染めます。糸は1kg。
各500g(単子と双糸)液に糸を浸してしっかりと糸を繰ります。先媒染してるの
で速いスピードで色素が入っていきます。しばらく繰って液に浸すと、一部色が
替わりびっくり。「大丈夫。ボールの鍋肌等について温度が上がった所に色が
濃くなる」「温度が全体に上がれば濃い色に全て成るので大丈夫」
紫根ー2
1回の染めの終わりを迎えます。液は透明です。2回目に入る前に水洗をしますが
水にも色は出ません。1回ずつ全て色を吸って気持ちが好いです。豆汁の力は
素晴らしく、有難いです。
紫根ー3
1kgの糸に今回は紫根400gを液だしに使いまいた。毎回豆汁をした糸で染めるので
液は透明です。
紫根ー4
最後に染めた液の透明なこと。1kgの糸を全て400gの液だし液で透明に
しました。感謝して庭に撒くことができます。草木の液等は木木の肥料にも
成ります
紫根ー5
染めの間に水洗を入れて、染めた糸を干しています。紫根は年中染めることが
できるので、1年半掛けて4~5回染め重ねれば使えます。意外と取んな色にも
合って素敵な色です。梅雨の合間でしたが,,好い色をいただき、ありがとう。感謝!!!
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。