FC2ブログ

Entries

16.11.5 ずいきの甘酢漬け

常滑屋展示も明日一日に成りました。お天気にも恵まれて穏やかな展示会に
成りました。毎年金木犀の花が満開の時期ですが名博が速く、それに連動して
常滑屋展示が動きます。
ずいきー1
先日福井の帰りに滋賀の奥琵琶湖「水の道」でずいきを買って帰りました。
娘から今回「血液サラサラに」と聞き作りたいと思っていた所です。ラッキー
でした。調理したことが無いので店員の方に聞き、娘に聞きながら、作りました。
ずいきー2
ずいき全体に薄皮が有り、全てを取って軽く干すと繊維の成り、正に「からむし」
繊維です。今回は使わず干しています。機会があればコースターでも織るかな。
長く採ることがでます。
ずいきー3
食べやすいように4~5cmにカットとして1%の塩をしてしばらく置き、酢湯の中
で湯がいて、冷水の取り、水気を切って甘酢に漬けます。2分の間に湯は黒くなり
灰汁が出たのだと思います。こんなに灰汁が出たので赤くずいきが成るかと少し
心配です。
ずいきー4
大きな束を2束。こんなに作って食べれるかと主人が心配しておりますが。
1Lの保存瓶にユウユウと入りました。灰汁が抜けたので綺麗な緑の茎です。
ずいきー5
甘酢:三温糖300g・同量の米酢300gを温めて砂糖が溶ければ保存瓶に
ずいきを入れて甘酢を入れて時間が経つ毎に甘酢が赤く成ります。半日
置けばいただけます。箸休めのお供に好いので、お弁当等にも活躍する
優れものです。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。