Entries

18.4.22 ランチ季節は新緑真っ盛り

4月と言うのに何と厚い日が続くこと!!!山荘はそうは言っても25~6℃
椿も終わり今は黄色いツヅジとネコヤナギ・シャクナゲを活けております。
何もないと寂しい。
花ー1
県民講座の残液を吸わせる為の染めをしたり、新たな液でバック等を生徒さんが
染めました。その残液もウール染めの液に追加して染め切ります。
原ヨモギ染め10ℓ-1
染めれる布やバック等は前もって豆汁等をして置くとすぐに染めれるので
有難い。残液はこうして全て吸わせて、庭等にまきます。肥料にも好いですよ。
4.22ランチ (1)-1
4.22ランチー3
今日は色々春の野菜をいただいたので添えてミートを揚げて。
竹の子のごま油炒め。若芽に根株佃煮。わらびとおかかまぶし
4.22ランチ (4)-2
伊勢名物「パンじゅう」パン生地にあんこが入っています。外を見れば
たこ焼きかな。そんな饅頭です。あんこは、伊勢は美味しい。こしあんですね。
原さんごちそう様。
梅ショップ-4
下界は30℃の所もあるとか暑いですね。主人のシロップの活躍時期が
やって来ました。何年物かの梅シロップです。皆さん一気に飲み干すほど
暑かったです。次回はレモンショップでも持って上がるかな。
三つ葉茶漬け-3
最近はいただき過ぎのようで今夜はお茶漬けと簡単メーニュです。
三つ葉を細く切って小梅を載せてのシンプルなものです。美味しかった。
三つ葉は何処でも植わっているので重宝します今は特に柔らかくて好い。
季節のわらびや竹の子を添えていただきました。ごちそう様。
スポンサーサイト

18.4.16 ☀肌寒いです。我が家の味噌ダレ

今年は寒暖差が大きく人も植物も大変です。種から育てた「花スオウ」が
満開です。寒暖差で長く花を楽しむことが出来ました。8本大きく育ち、
20年の余植わっていて少し根が回って来たのか親木が枯れて来ます。
狭い所に植えたので脇木はカットして来ました。
今つけが着たようで脇木を大切に育てている感じです。
花スオウ-1
低木なので庭には最適な木だと思います。山荘では中々育ってくれません。
沢山持って上がって着いたのが2本。ようやく今年花が咲いてくれました。
琉球藍ー1
琉球藍もようやく繁茂して着ています。遮光ネットするかビニールにするか
山荘に出かけるときには悩むところです。この量で一回の講座用に。ウール染め
250gに丁度良く多くも少なくもない最適な量かな。
味噌ダレー1
生野菜がブランターいっぱいに成る季節味噌ダレを着けていただき季節に
成り、生徒さんが分量を聞くので分量を量ってみました。いつもは目分量です。
麹味噌300g・三温糖300g・柚子汁400ccでした。主人に味見をしてもらって。
普段は「らっきょ酢」を使いますが今回はないので我が家の柚子汁100%
一年分採取して冷凍庫にあります。これも1本の柚子の木で賄える量で
有難い。天然酢で有れば何でも好いのでは。今回は柚子の香りがいっぱいです。
君子ランー1
寒暖の差で君子蘭3鉢駄目に成り。ささやかに1鉢花を付けてくれました。
速く出し過ぎたようです。共にだしたベゴニアも花を中々つけません。花咲は
有ると思いますが、ずれるだけ後の管理が出来るかな心配です。穏やかな
時間が過ぎてゆくことを祈ります。

18.4.15 ☂ 山荘工房にちいさなお客様

今日はいつも野菜を持って来て下さる増田さん達の「吊るし飾り展」に出かけ
ました。一緒に出かけようと伊藤さんが娘さんとお孫を連れてやって来ています。
ばぁばと機織りをしている所ですね。
ランチー2
ランチを済ませて休憩時間に「吊るし飾り展」をのぞくことにしました。
7名で手作りして毎年展示会をしているとか。3度目の展示会に来たことに
成ります。あまり大きな部屋ではないのですが所狭ましと吊るし雛が飾って
あります。「もう歳だから此処まで作れないのよ」と吊るし雛は展示用。
ランチー1
沢山の小物であふれていました。会場に入って直ぐにバックが目に入り
迷わず買い求めました。嬉しい!!!生徒さんに「早い」と笑われましたが
買いました。ありがとう!!!
吊るし雛 (2)-1
写真会場は初めて出かけた時のものです。色とりどりの作品で溢れています。
孫娘に一昨年吊るし飾りを作ってもらい。あとの孫達に私達にはとせがまれて
3本吊るし飾りを注文したところです。時間がかかっても好いから作ってね!!!

18.4.13 ☀ ゆっくりパン作りかな。

パン作り等はゆったりとした時間を取って作らないと好いものが出来ません。
作り出すとあっという間に出来るのですが工房と行き来をすると落ちつかず
作る時間が失せます。
第二発酵完了ー4
友人に送る為に焼きました。プレーです。可愛いパン作りが出来ないので
パターンが決まります。食パンばっかりです。
焼けました (2)-5
私の型は2斤。娘に型が同じ2斤でも中に入ります。少し高いので焼いて
冷ます間に中に凹みます。この凹みが無いと好いのですが今更型を買い
替えるのもいやだし。シブしぶ焼いています。
簡単味噌汁ー1
新若芽をいただいたので主人が5袋分カットしてくれると細かい若芽が出来て
インスタントの味噌汁用に瓶に詰めて。
今日は味噌小さじ1杯強・豆腐・新三つ葉です。新三つ葉は季節に成ると庭中に
出て大変。2~3回程煮びたしにしたりしていただきます。頂いた後はジャケンにして
可なりを抜きますがそれでも毎年何処からともなく出来繁茂しますね。

18.4.6 ☁ 一宮のこぎり二のヤノフ織り展を見て来ました。

いつも指導をしていただく鈴鎌さんと籠屋4-11-3の、のこぎり二
前々から拝見したくて探していましたがようやく拝見できました。
ランチ (1)-1
ランチ (3)-2
ゆっくり拝見して一宮に出かければ立ち寄るトンカツ屋さんに寄ってランチを
いただきました。鈴木さんとの付き合いも長いもので20年余になります。
染織の智慧を分けていただき二人工房も此処までやって来れました。
のこぎり二-1
旧尾西の羊毛世界は衰退しましたが昔良かったものも多く残っています。
工場の屋根はこんな「のこぎり」形をしています。お日様を工場内に
取り入れての作業だったと聞きます。
ヤノフ―5
ヤノフ織りについては「工房の窓」に投稿しますね。会場は気取らない
工場内のままに成って展示されていました。天井から飾られたタペストリー
沢山の小物。私もお財布を求めて帰りました。