FC2ブログ

Entries

19.8.9  トマトピュレー

トマトの木の整理をするのでと毎回沢山のトマトをいただきます。感謝!!!
ヘタを取ってサッと洗い、お酒を1カップ入れて火にかけます。沸騰10分して
冷ましておく。
ピュレー (3)-2
冷めればミキサーにかけて鍋に戻します。
ピュレー (5)-3
豆汁作業用のミキサーは大きくて毎回助かる。トマトは皮も種も一緒に入れて
煮る。ミキサーかければ綺麗なものです。口当たり好いピュレーが出来ます。
ピュレー (7)-4
ミキサー1回2分かけます。ローリエを庭から取って黒コショウと
塩・砂糖を少し入れての味付けのみ。
3.7kg-6
焦げないように木べらで混ぜて底が見えてくれば煮詰め好し。1袋500gに
して今回は7袋出来ました。水は一切入れてないので痛みも無く冷凍して
重宝してます。
完成冷凍ー1
先回のピュレーを出してミートソース作るかな!!!
今回で2回目あと何回頂けるかな!!!
スポンサーサイト



19.7.27 初めての低温発酵食パン作り

台風6号接近で岩屋寺夏染め等が中止に成りました。今日は時間が出来たので
「低温発酵」の食パン作り挑戦しました。木立ベゴニアもすくすくと元気!!
木立ベゴニアー1
オレンジー2
嬉しいことにベゴニアの白・オレンジが咲いてくれました。ようやく大きく育って
嬉しいですね。春先に全てのベゴニアにかびが発生して。全滅かと思いきや
何とか元気で花も咲き、終われば剪定や鉢替えをする予定です。
冷蔵上段 (1)-1
もちっこの捏ね器で熱を持つので捏ね時間を短く12分を今は4~5分に収めて
作り、最近は室温が30℃有るのでいろいろ考えては冷水に粉も冷蔵してと。
出来ることをしてますが、もう限度今は第一発酵を低温発酵(冷蔵庫で発酵
させます)
捏ね5分26℃ (1)-2
今回は8時間冷蔵して。夜に冷蔵庫に。捏ねての生地は26度きめ細かく好いですね。
ラップに張り付きこれは駄目かと思いましたが冷たいので綺麗にラップは
はがれてくれました。生地温度22℃
ベンチ15分 (1)-3
ベンチタイム15分。丸めるのに手に着くので粉を使って。粉こなしなくて
良かった。第二発酵の作業は楽で。
第二発酵ー4
85分掛けて発酵して生地も好い!!!200℃/23分焼きが少し白いですが
好しとします。
直ぐにいただく (2)-5
待ちきれず焼き上がり30分後モーニングとしていただきました。嬉しい
これでこの夏焼き続けることが出来ます。感謝。
やく温度と時間等まだまだ課題は有りますが一番の難関、主人がOKを
出したのでホッとしてます。

19.7.21 梅雨さん速く開けて!!!

今年も工房の庭に「オニユリ」が咲き始めました。南知多フォレストパークで
頂きました。むかごがこぼれて増える百合ですが中々咲くまでには時間が
かかりました。
鹿の子ー1
如何して「鬼百合」と名前が着いたのでしょうか。少し可哀想かな。
梅雨時分には、はっきりとした色で好きですが。増えて欲しいのですが
中々ですね。
19.7.20ランチ (2)-1
健康志向で白いご飯は避けて雑穀米を好んでいただいておりました。
生徒さんに分けていただく白米の美味しいこと。美味しさに目覚めました。
19.7.20ランチ (1-2
19.7.20ランチ (3)-3
「金糸瓜」をいただき早速検索をして調理しました。毎年頂ける野菜ではないので
うる覚えで見て調理しました。輪切りにして10~20分、種をくりぬいて湯がき
煮えると皮が自然に取れます。正に素麺ですね。甘酢でいただきます。
21日ー1
インゲン豆・焼き茄子など夏野菜をいただくのでなるべく味を加えなく自然で
いただくと朝取りなので美味しいです。パプリカソーセイジ」を生でステーキで
いただく。
19.7.21アイスと山桃 (2)-3
知穂さんがヤマモモジャムを持って来て下さりアイスも持参で午後のスイーツに。
季節の食材は嬉しいですね。ヤマモモは毎年、樹皮を染めに使う馴染のあるもの
ですが、口にするは初めて美味しかったこと。ジャムにジュースにと用途は有る
ようです。県民さんにも有るので少しいただけるかな。

19.7.12 ☀ 紫陽花と梅雨

梅雨真ん中!!!しばらく明けそうもない様子。藍の生育も雨が少なかったり
今は日照時間が少なく、講座にひびく。自然相手の講座なので終わるまで
ヒヤヒヤです。
八坂のアジサイー2
山荘の紫陽花も雨の中、花がとても綺麗です。今年は沢山のアナベルを
頂きました。白は清楚でよろしいですね。
明ー4
先日、もう来ないと思った遺作がまた少しやって来ました。いただいて
眠らせても作品が活きないので喜んで使ってくれる生徒さんにお分けした。
大勢でいただくことが多いので使っていただければきっと作者も喜んで下さる
はず。料理を入れて使っていますと写真をいただいた。
19.7.8ランチ (1)-2
四日も続いたランチでお米を切らしてしまった。焼いて持って上がった食パンを
頂くことに。持ち寄りのようになったのでワンプレートにしました。
焼き茄子・インゲンの胡麻和え・ヤブカンドウとズッキニーのマリネ・煮卵
手土産:十勝産のメロン。嬉しいですよ。美味しかったです。黄色い果肉なので
夕張メロンかと思いました。
中井のアジサイ6.1-1
山野草展でアナベルと聞き求めましたが。今年初めて大きくなり花も咲き
花の縁に色が入り綺麗ですががっかりでした。そんな話をすれば沢山の
アナベルが来て来年が楽しみです。よくよく見ればこの紫陽花も素敵です。
咲き始めは確かに真っ白でじき縁が色が出て、最後は水色に落ち着きました。
此れも嬉しい紫陽花に成りました。紫陽花は鹿さんが好きで困ります。

19.7.4 ☂ まだまだ食パンを焼いてます。

これ何~だ!!!ミニ林檎のようですね。実はやぶ椿の実です。我が家の
氏神様の庭に有ったやぶ椿の実をいただいて、30年余りに成りますか。
藪椿 (4)-1
最近は工房の庭と山荘の剪定をしております。老いが先か木々の生命力に
負けるか剪定に追っかけられています。真っ赤なつやのある大きな椿の実
庭の隅に有るのでこんなに花が咲いていたのだとごめんなさい。
冷水5℃ー3
22℃-1
今年は7月に入っても食パンを焼いております。自分の食パンが食べたくて
工夫をしている所です。コンバックを買って450本程度焼いていますが6月に
入れば「過発酵」して食べれるものではありません。どうすれば年中同じ味で
いただけるかと。
ベンチー2
今は水を冷蔵庫に5℃の水を使います。捏ね時間も10~12分捏ねて
ましたが今は5分・4分と今は3分。この3分の間にバターを入れて胡麻や
胡桃を入れて3分。生地を測れば22℃。捏ね時間が短いことは生地を
見て分かります。
第二発酵60分 (2)-4
第一発酵して、生地が手に着くので粉を手に着けて丸まれば生地は綺麗に
成ります。ベンチタイム15分。ツルツルの生地に成り、第二発酵に入れます。
200℃・22分-5
美味しくな~れと祈りながら今回も焼けました。全ての様子をデーターに取り
今時分の作業を考えます。何時まで冷やした水で作れるでしょうか。今は
生地が22℃まで上がって来ました。捏ね上がって24度位までは作れるで
しょうか。低温発酵は時間がかかるので作りたくないと言う所でしょうか。
まだまだ頑張って!!!